メダカ水槽の置き場が、非常に狭くて困る。

気温 15/18℃  水温 15℃

 約1ヶ月半前に、とても強い南風が吹きました。
 周辺では、屋根が剥がれたり壁の損傷があり、とても大変な一日がありました。

 そのときに隣の息子夫婦の外壁が、飛来物で細かい穴や傷が付き、修理のために足場が組まれたんです。
 その場所が、メダカ水槽の設置している幅5mくらいの狭いところなので、困ったなと思っているのです。
 狭いところに足場を組んでいるのでしかたがないのですが、水槽近くまで接近してきている状況なので不安がいっぱいです。

 幸い、壁面の外装パネルを剥がして張り替えるのみで、塗装はしないとのことを聞き、安心しました。
 塗装となれば、噴霧された塗装剤が水槽まで飛び散るので困ったな(絶対、有害ですとね)と考えたわけです。
 足場を組むことによって、メダカの管理に不都合が起きるかもと思い聞いたのですが、「約5mの半分くらいの使用です」と聞きホッとしていました。

 私のメダカ飼育状況としては、水槽のリセットを行っている途中だったのですが、こんなにはみ出してくるとは想像していなかったのでビックリ!
 いくら水槽に直接影響しないといいながら、ここまで狭い状況では作業をする人も大変ですし、水槽に悪影響を及ぼす可能性もあります。

 水槽のリセットについて、調べてみました。
 新しく水槽を立ち上げる期間を、できるだけ短くする方法です。
 水槽立ち上げの期間を短くする方法なのですが、ネットで調べたところ「バクテリアを添加する」方法があります。

 一番手っ取り早く期間も短くできるので良い方法だと思うのですが、今まで一度も行ったことがないのです。
 地元のアクアショップで、バクテリアの添加やその他の方法はないかについて、詳細な情報を手に入れてこようと思っています。

 今日の投稿は、愚痴っぽくなってしまいましたね(笑)。
 アクアショップでいろいろなことを聞くことができれば、ブログで紹介できればと思います。