パイロットフィッシュ7日目。メダカ移動は2週間で

気温 17/24℃  水温 18℃

 気温は夏日寸前、水温は18℃で普段より少し高めかも。
 先日から、水温がやや高めの場合は、一日に2回給餌しているので今日も2回です。
 ただ、食べ残しがあって水質が傷むのは避けたいので、極力1回の量を少なめに与えるようにしています。

 新水槽に今までのメダカたちを移動させる計画をしていますが、現在パイロットフィッシュを投入している水槽が2槽あります。
 ちょうど1週間が経ちました。

 パイロットフィッシュを投入して2日後に、残念ながら紅帝風雅メダカが2匹★になりました。
 今までパイロットフィッシュで★にしたことが無かったので、ちょっとショックを受けたのですが、気を取り直して続けています。
 5匹のうち2匹が★になったのですが、パイロットフィッシュを追加せずそのまま1週間経過しています。

 5回のメダカを移動させることを考えると、パイロットフィッシュ投入期間を短めにと考えていたのですが、以前投稿していたときの10日間はやはり短いでしょう。
 最低2週間は必要(バクテリアの繁殖期間)で、できれば3週間~1ヶ月が安全ということですね。

 以上のことを踏まえてなのですが、メダカたちには申し訳ないけれど、2週間という期間でメダカ水槽立ち上げを行っていくつもりです(今年は、採卵も行いたいので)。
 2週間という短い期間に設定しても、9槽全部をリセットするには3ヶ月かかる計算になります。
 手持ちのプラスチック容器を家の周りを探して、空いているものが無いか見て回り、無ければ購入するしかないでしょう。

 そういえば、姫スイレンを養生している容器が、4槽のうち1層はプラスチック容器だったことを思い出しました。
 このブログを書いている途中でしたが、早速確認したところ思った通りです。
 スイレンを入れる容器が無かったのですが、なんとか探し回りプラスチックのバケツを見つけました。
 これで、プラスチック水槽を3層で回すことができるので、期間を短くすることができそうです。

 都合良く放置してあった、バケツがあり幸いしました。

 しかし計算上では、プラスチック容器を1つ増やしたところで、水槽作りは4回になります(ああ、勘違い)。
 頭の悪い私には、そうした計算が苦手なのですね(笑)。

 いくつプラスチック容器が必要なのかを、定規で測り計測しました(購入のための準備で)。
 小さなプラスチック容器は約42Lで、大きめの容器は64Lでした。
 考えを駆け巡らし至った結論は、上の写真の42L容器は足りているので、もう必要なしです。

 ちょっと大きな64Lの水槽の予備がないので、購入する必要があるということがわかりました。
 2槽あれば2回で終了しますし、小さな42Lも同様に2回です。
 期日的にも、1ヶ月ほどで終了しそうですから、購入することもやむなしでしょう。

 1週間目のパイロットフィッシュたちですが、現在のメダカたちは問題なく元気に泳いでいます。
 ★にならないことを祈って、あと数回同様の作業をしたいと思います。