メダカ水槽用スイレン鉢、植えるため清掃実施

気温 13/25℃  水温 16℃

 気温が高いにもかかわらず、水温の最高が16℃です。
 やはり、隣家との間に水槽を設置していることによる日照時間が少ないことによるのかも。
 本格的な夏を迎えるにあたっては、多少なりとも寒暖差が少なくなると思いますね。

 さて、ここ数日はメールソフトや画像編集ソフトについて投稿していたこともあり、メダカの作業が滞っていました。

 そこで、今日は以前から話題にいていたスイレンの植え替えをするために、昨年までのものを綺麗にしました。

 間違っていたことが一つあります(もっと、あるかもですが・・・)。
 鉢に、こびりついているものは緑色の苔です。
 水中で育っているのに、水に浸して綺麗になるはずがないと気付きました。
 水につけず、乾燥させた方が掃除(苔落とし)が楽だったかも。
 まあ、それは今更思ってもしょうがないことになりますから、なんとか頑張って鉢を綺麗にしました。

 もう少し汚れた部分の、画像を掲載します。

 

 こうして苦労して、なんとか6鉢を綺麗にしました。

ここには6鉢ですが、以前に1鉢植え込んでいます。

 合わせて7鉢になるのですが、水槽の数が9槽ですから後2鉢をなんとかしないといけませんね(新しく準備するしか無いでが・・・)。

 普通のスポンジでは落ちなかった苔ですが、同じスポンジといっても、堅い表面で苔を削り取る感じでできたのは嬉しかったですね。
 やわらかいスポンジもあるのですが、あまり使用頻度の少なかった堅いスポンジが役に立ち、すごく助かったのは(このスポンジを、よくわからず購入していました)とても嬉しかったですね。

 今日はスイレン鉢を綺麗にすることだけの作業だったわけですが、早く冬に玄関先に避難していたスイレンを、この鉢に植えなくっちゃ。
 そのためには、先に述べた鉢を3鉢追加することと、不足している赤玉土の購入です。
 赤玉土は価格も低いので、早く準備をしたいと考えているのですが、鉢がやや値が張るのですよね。

 数日後には、現在のような異常気象はおさまり、気温は下がりそうです。
 しかし、最低と最高気温の差が小さくなるので、体への負担は小さくなるでしょうね。
 でも、半袖で過ごすのは無理かも(今日は、夏服ですが)。

 人もメダカも健康に過ごしたいものだと、改めて感じる昨今です。