これから暖かい季節。メダカ飼育が楽しみ

気温 -2/10℃  水温 9℃

 今日は天候が良く、爽やかな一日でした。
 これからしばらく週末はもっと暖かくなりそうで、気温は15℃を軽く超えそうです(晴れる日も多そうです)。
 来週になっても、10℃を下回ることもないような様子なので、いよいよ春がすぐ近くといった感じですね。
 昼過ぎの水槽水温はもう少しで10℃超えになりそうでしたが、残念ながらとどきませんでした。

 水槽の様子を見ていたのですが、昼頃にはどのメダカたちも水面近くを泳いでいました。
 朱色系のメダカは近くに寄っても悠々と泳いでいますが、幹之メダカやメダカは近くに行くと潜ってしまいます。
 先日投稿したときには、オロチメダカは水面に浮いていたと書きましたが、今日は近づくと潜ってしまいました(気まぐれですね)。

写りは悪いですが、水面近くで泳いでいます。

 気をつけなければいけないのは飼育水の量ですね。
 先日の投稿時でそのことを書いて飼育水を継ぎ足したのですが、5日目の今日はずいぶん減っていました。

上下矢印が、減った量です。


 気温が高めで晴れた日も多いので、減ることは容易に推測されましたが、こんなに早いとはビックリしました。
 当然ですが、継ぎ足しをしておきましたよ。

 週末にかけて、気温は上昇しそうな予報ですから、それに伴い水温も高くなると思います。
 その際には待望の給餌を行おうと考えているところなんですが、冬開け(例年は、もっと遅いのですが)の初めての給餌になるの、で久しぶりに緊張感があります。
 当然ですが、ごくごく少量からのスタートになるわけですが、不安は隠せません。

 いつも与えているメダカ用の餌「がばいめだか」は、まだ注文していないので市販の浮遊性の「メダカ元気」を与えようと思います。
 いつも利用している「がばいめだか」の販売アナウンスがあるまでの、つなぎとして利用します。
 ときどき「SOMEDAY’s 」さんのブログを訪れて、アナウンスを確認してから購入しようと思います。
 春・夏用がありますが、今は「春よ恋」という命名されている春用に決まり。

餌容器は、百均です。

 話は戻りますが、暖かくなってくるとメダカたちは水面をユッタリと泳いでいることが多くなります。
 近くによって眺めていても、水面でユッタリと泳ぎ、逃げることもなくなるなるので楽しくなります(やや気温が低いときは、すぐ底に逃げていたのですがね)。

 もう3月も、半ばに差しかかろうとしています。
 今後は、極端に気温・水温が低くなることは無いだろうと思います。
 降雪も、今後は考えにくいのですが・・・(異常気象があれば別ですが)。