メダカ水槽の害獣防護に、ワイヤーネット設置

気温 2/11℃  水温 8℃

 今日はときおり曇り空でしたが、ほとんど青空で気持ちの良い日でした。
 明日は気温は変わらないようですが雨天予報ですから、ちょっと残念ですが、道路の縁に残雪がありますので無くなってくれれば嬉しいですね。

 各水槽に溢れるくらいの飼育水を追加しましたが、本来なら飼育水交換をしなければいけないと感じています。
 しかし、まだ水温が低いので、少なくなった分を追加することで済ませました。
 2月下旬ですから、もうしばらくでしょうね。

 1月頃の水槽水位はなかなか減らなかったのですが、2月下旬ともなると減りが早いですね。
 昨日の投稿では飼育水の交換について書いていますが、まだ時期的にちょっと早い感じです。
 壁面には藻類が繁殖していますので、合わせて早くこすり落としたいです。

 先にも書きましたが、プラスチック水槽の上端一杯に飼育水を入れてやり、交換できない分を飼育水追加でごまかし?ていました。

 80Lの水槽には水抜きの穴が設けてあり、上端まで飼育水は入りません。
 これだけの容量であれば、上端まで飼育水を入れる必要は無いでしょう。

 積雪がほとんど無くなり、今後は多少の寒波が来ても、3月になればあまり積もらないだろうと考えています。
 なので、久しぶりにワイヤーネットを水槽に被せました。

久しぶりのワイヤーネットです。

 水温が高くなると、メダカたちは水面近くを泳ぐようになります。
 水槽一杯に飼育水を入れているので、メダカたちは外敵に襲われやすいかなと感じています。

 今までも、何度か見かけた羽根(鳩かな?)が水面に浮かんでいたりしましたし、猫や他の動物も怖いですね。
 そのためにも、多くした水量による被害が出ないように、ワイヤーネットを設置することとしたんです。

 季節に応じた対策が必要なのは言うまでもありませんが、ちょっとした工夫で被害が防げるのでしたら、たいした労力ではありませんから・・・。