メダカ水槽に、ベランダから雨水。カバーの取り付けが必要。

気温 9/10℃  水温 9℃

 メダカ飼育のブログが連日同様の作業なので、書く内容が乏しく滞りがちになっています。
 今日も冷え込んだ一日でしたが、明日から数日は高くなりそうな予報です。
 給餌ができそうで、とても楽しみにしているんですよ。

 冷え込んではいたのですがメダカ水槽を眺めると、幹之メダカが水面を悠々と泳いでいたのは嬉しかったですね。
 気温・水温は低いけれど、10℃近くになると水面近くで泳ぐ姿を見ることができました。

あまり水温が高くないのに、水槽上部で泳いでいます。

 朝から雨が降ったり止んだりで、撮影したときが強めの降り方でした。
 ベランダの下に水槽があるのですが、ベランダの隙間から雨水が水槽内に落ちてくるのには困ったものです。
 我が家の周辺では、ここが一番良い場所なのです(降雪時には、雪を避けることができます)。
 他の場所では、屋根雪が落ちてくるし、玄関先は今まで設置していたのですが、家の正面が狭くなるのはちょっと寂しいですよね。
 というわけで、最終的にはベランダ下の日照時間の少ないところになりました。

 降ったり止んだりの一日、時には強くということもあります。

時折強く降るのですが。。。、

 水槽内にベランダから落ちてくる雨水の対策をしました。
 明日からは、晴れ間もありそうなのですが・・・。
 雨水が大量に水槽内に混入すると、飼育水が酸性に傾くので注意が必要です。
 明日から晴れるといいながらも、この一日で被害を被ることもあるかもしれません。

 強く雨だれの落ちてくるオロチメダカ水槽ですが、簡易的な対策をしました。
 ワイヤーネットを置き発泡スチロールの蓋に傾斜を付けて被せ、その上に雨音を防ぐために小さな布シートを置き、多少なりとも防音になるかもと思いました。

効果はちゃんとありましたよ。

 たくさんの水槽がこうした状態になれば、簡易対策ではだめだと思いますが・・・。

 先にも書いていますが、明日からは多少なり気温が上昇しそうです。
 それに伴い、水温も上昇してくれると思いますので、とても楽しみです(晴れて、餌やりができそう・・・)。
 多分、今年最後の数日間になりそうです。

 北海道は雪が降っているし、どんどん南下しそうですね。
 これからは、本格的に冬に向かって気温が下がっていきます。
 まだ、各水槽にはエアレーションが設置してありますが、以前に書いているとおり外す作業があります。
 たいした作業内容ではありませんが、煮沸して来期に使う予定にしています。