メダカ屋外飼育。寒い季節のエアレーションはどうする?

気温 10/19℃  水温 14℃

 もっと冷え込む予報(気象予報アプリで)でしたが、今日より少し低くなるだけのようです。
 それでも連日冷え込んで、秋が無い感じになってとても残念ですね。(秋という季節が、とっても好きなのは私だけ?)。
 実りの秋なのに・・・。

 もちろんメダカ水槽水温は、グッと低く今日は14℃ですからメダカたちの動きはとても鈍いです。
 日頃動きの少ないオロチメダカは、昼頃でも全き動く気配がありませんでした(成魚は底で、幼魚は水草のドワーフフロッグピットに隠れています)。
 これからは、もっとメダカたちの動きが少なくなるので、さみしい限りです。

 先日から気温が低くなり、それに伴い水槽水温が低くなっています。
 夏場と同じようにエアレーションをしていたのですが、今日から少し弱くしました。
 これからグッと冷え込む真冬(12~2月頃)を迎えるわけですが、果たしてエアレーションは「どうすればよいのかな」とあらためて考えてみました。

この画像と表紙の画像は、今日までのエアレーションが強い状態です。

 いろいろ調べてみましたが、様々な意見が述べられていて判断がつきにくい状況でしたね。
 年間を通じて、エアレーションは必要が無い(でも、この場合は冬期以外は水替えを頻繁に行うということでした)という意見もありました。
 こうした場合は、水槽数が多いと大変かもと感じてしまいました。
 水槽の大きさに対して、匹数が少ないことも大事なことですね。

 逆に、年間を通じてエアレーションを行うというものです。
 屋内飼育では当然のことでも、屋外ではどうなのかなと思いました。
 でも弱いエアレーションで、冬を乗り切るのは大丈夫なようです。

 エアレーションのこと一つとっても様々な意見があり、とても迷ってしまうのですが・・・。
 メダカを飼育している方々は、どのようにエアレーションについて考えていらっしゃるのかを知りたかったわけです。
 地域や規模等々いろいろな条件があり、様々ですから当たり前と言えばそうなのですが。

 私の場合は、12月頃には止めて3月終わり頃から弱いエアレーションをかけ始めます。
 そうして実施してきても、特に問題は無かったのですが、あらためて再考してみたわけです。
 調べた結果ですが、いろいろな考え方(飼育方法)があるのだと感じたわけです。
 結論的には、自分なり(飼育環境に応じて)に経験をして結論を出すしかないのかもと感じました。

 まとまりのない曖昧な投稿になりましたが、「それぞれの飼育環境に応じて」ということが結論ということで終了したいと思います。

勢いよく泡が出ていますが、この後少なくしました。
こちらも、多いときの画像です。今日はこの半分くらいにしています。撮影をしていませんでした、

 私のメダカ飼育水槽は弱いエアレーションをしていますが、今後は気温・水温の状況を見て操作を行いたいと思います。