「がばいめだか」を注文。届くまでショップの餌を利用。

気温 22/31℃ 水温 30℃

 いつも使用しているのは、「がばいめだか」という特製の餌です。
 今まで、いろいろな餌を使用してたどり着いたもので、自分なりにお気に入りなのです。

 暫くは持つだろうと考えていたのですが、とうとう無くなってしまいました。
 注文していて、すぐに送り届けてもらう手はずになっています。
 メダカたちは、餌がなくても数日は大丈夫なのですが・・・。

 今までも給餌のことについて書いてきましたが、つい与えすぎといった飼育者の気持ち?(メダカに甘い!)が出てしまうのか、水質悪化につながっていた感じも否めません。
 今年は、そうした気持ちをかなりセーブをして、量を考えていたつもりです。

 「がばいめだか」が数日後には届くので待つことができたのですが、愛犬の用品を購入しにペットショップに行ったついでに、市販の餌を購入してしまいました。
 当然ですが、すぐに「がばいめだか」が届くので、必要はなかったのですが・・・。
 試しにと思い、「ひかりメダカの天然食」という糸ミミズをフリーズドライ加工したものを購入してみました。
 超浮上性ということもあり、沈まない餌に興味を示す私にとって、思わず手を出してしまっていたのです。
 「がばいめだか」がもうすぐ届くので、お試しという感じで一番小さな量で価格も安いものを購入したわけです。

初めての購入で、ちょっと不安。

 今まで、こうした糸ミミズとかの餌を使用したことがなかったことも、興味を引かれた部分です。
 当然糸ミミズだけではなくいろいろ添加物が加えられているので、栄養価に偏りがないと思います。
 基本的にこうした生き餌風のものは使用したことがなかったので、やや不安があったこともあり今回のお試しとなったわけです。
 賞味期限が、開封前であれば数年持つのですが開封した場合は不明です。

 「がばいめだか」が届けば使用することがなくなると思いますが、暫くは非常食として保管しておこうと思っています。
 今日メダカたちに与えた様子ではとても食いつきが良く、メダカの餌としてはこうした系統(糸ミミズとか)もときには良いかなと感じました。

 ときどきブログで見かけるのですが、生き餌のミジンコを培養して与えているのを見かけます。
 メダカが、とても喜んで食べている状況をが書いてあるのを見ると、きっと良いのでしょうね。
 ただ、管理が大変かもと感じてしまうのは変?(ミジンコ等の生き餌を利用している皆さん、これを読まれて気を悪くしないでください。あくまで私個人の意見です)
 メダカを飼育することやミジンコを育てることも、飼育するという道理は同じですから、私の考えはちょっとズレているかも知れませんね。

食いが良いですね。超浮遊性というところが私には当たりです。
こちらも元気よく、パクついています。