透明になったオロチメダカ水槽だけど、臭くてスイレンが枯れた。

気温 21/27℃ 水温 23℃

 夕方からの雨予報でしたが、一日中良い天気で、エアコンがないと苦しかったですね。
 いつも書いていますが、軒下の水槽に陽が当たる時間は短いので、水温の上昇はあまりありません。
 もちろん、プラスチック水槽の深さもあるので安心です。

 午前中に給餌を行っていたのですが、以前の投稿でオロチメダカ水槽が透明になってきたことを書いています。

 とても綺麗になってきたことで、とても喜んでいたのですが・・・。
 2日ほど前に1匹が★になり、今日も★になっていました。
 初めは寿命かもと思っていたのですが、何か変。

 その兆候は、設置している姫スイレンから気付きました。
 他の水槽に投入している姫スイレンはよく茂っているのに、このオロチメダカ水槽の姫スイレンは枯れているんです。
 ちょっと前は、茂りすぎていたので剪定していたんですが・・・。

先日まで茂っていたのに、葉が枯れてすっかり無くなりました。

 オロチメダカが★になったり、姫スイレンが枯れて黒んできたりするのはなぜだろうと思い、水槽に鼻を近づけてみました(飼育水は透明です)。
 なんと、ドブくさい腐敗臭がするではありませんか!!
 飼育水が透明になったことで喜んでいたのですが、つかの間のことでした。

 この腐敗臭にはいろいろ原因があるようで、無くす方法もあります。
 他の方のブログでも紹介してありましたが、今回はその方法は止めることにしました。
 匹数の少ないオロチメダを、この水槽が改善するまで住まわせるのは酷だと思ったからですね(これ以上★になったら困ります)。

 そこで、この水槽をリセットし新しく立ち上げることにしました。
 予想もしていないことでしたので、新しい水槽が立ち上がるまではしばらく時間がかかります。
 80L水槽からオロチメダカを、36L水槽ですが匹数の少ない紅帝メダカと混泳させることにしました。

 
 今までの80L水槽は片付けて、次の準備(こちらに再度、オロチメダカを入れるつも)です。

メダカの色がハッキリ違うので、後で分けやすいですね。

 オロチメダかの入れていた80Lの水槽は、今春5月に立ち上げた水槽です。
 ですから、原因がハッキリしないのですが、水質のバランスが悪くなったためだろうということです。
 給餌量もかなり減らし(自分なりですが:いつも多いので反省しています)、飼育水交換や追加も行っているのに・・・。
 水草(姫スイレン)の葉が痛んで、水槽の底に沈んでいるのを見かけています。
 それが原因かもということも否定はできませんが、他のメダカ水槽でもあり得ることですから、なぜか限定できない気持ちがあります。

 今回のメダカ水槽の異変(異臭)は初めてのことなので、本当に驚いている次第です。
 でも、早く気付いて良かったと「不幸中の幸い」だと感じています。