寒波も一段落。メダカの様子は?

 天気予報では、明日はまだ降雪があるかも知れないけれど、徐々に雨に変わるといった内容でした。

 今回の寒気が収まれば、メダカ水槽内もじっくり観察できるというものです。

 日中においても気温・水温が低く、メダカたちを刺激しないようにしていたんです。

 今週中は、メダカたちの様子を、チラッと数回見たのみでしたから。

 今日の水温は、正午頃で3℃という低さでした。

 少しの降雪はあるものの、ずいぶん積雪は少なくなってきました。

 多いときは写真の積雪量より、1.5倍はあったと思いますから。

 屋根雪も少なくなり、落雪もないので一安心です。

 前の投稿でも書いていますが、メダカ水槽の設置場所は積雪が少なく、また屋根雪の落雪も当たらない場所です。

 降雪・積雪にはあまり不安はないのですが、今回のように低い気温は心配になります。

 今冬は波板を蓋にしたことで、外気が水槽内に入ってくると思われるのでなおさらですから。

 その状態で、寒気が防げるのかが心配ですね。

 今週は小雪混じりの天候ですから、当然ながら、玄関先や軒下の水槽の水温は同じなのです。

 来週は気温がやや高くなりますが、雨模様と思われます。

 そうした状況であれば、両方の水槽設置場所における気温・水温は同様だと思われます。

 同じ対応で済ますことができるのは、ちょっと楽ですね。

 今週中は、いくつかの水槽の蓋を静かに開けて、中の様子をちょっとだけ見たんです。

 全ての水槽の状況については、把握はできていません。

 どの水槽のメダカたちも、元気でいてくれることを信じているのですが・・・。

 来週は気温が高くなることで、逆に最低気温が低くなる日があるようです。

 強い放射冷却ではないようですが、そうした環境は心配になりますね。

 いずれにせよ、少しでも気温が高いということは嬉しいです。

 そうした気温の上下を繰り返しながら、本格的な冬になるのだと思います。

 冬を迎える準備が、かろうじて間に合ったと思います。

 しかし心配なのは、もっと冷え込む厳冬期の対応です。

 波板の隙間から、冷たい空気が入り込むことでメダカたちへの影響はどうなのか。

 何度か書いていますが、そうした場合は発泡スチロール容器の蓋を被せることにします。

 特に良い天気予報の場合は、夜間に放射冷却が強いので対応は必須でしょうね。

 昨年の冬は暖冬でしたが、今年はどうなんでしょうか。

 メダカ飼育には暖冬であって欲しいですが、地球温暖化を考えるとだめですね。

 寒い冬でもしっかり対策を立てて、春を迎えるようにすることが大切です。

 わかっているのですが・・・。