産卵・孵化していたメダカ。品種を絞って採卵します。

今日もよい天気です。

11:30頃の水温ですが、22℃~24℃あります。

2~3日前に、屋外メダカ水槽をリセットしていたんですが、卵を抱いた幹之メダカがいてビックリしました(以前に書いていますが・・・)。

もちろんこの季節は、例年なら産卵することにとても希望を持っていたわけです。

しかし水槽が多くなり、設置する場所に困ってきたんです。

ですから、少ない品種に限り採卵しようと考えたわけです。

屋内水槽に飼育していた烏城三色メダカですが、屋外で飼育していたこの子たちの親と一緒にしようと、先日移動しました。

この屋内水槽には、ミナミヌマエビとフネアマ貝が同居していたので、彼らを移動させこの水槽を破棄しようと考えていたんです。

そう思いながら、あらためて水面を見ると・・・。

「何が動いているな」と思いよく観察すると、何と生まれたての稚魚ではないですか!

中に入っているミナミヌマエビとフネアマ貝の移動を考えて、たまたま覗き込んだのです。

驚きましたね。

最初は、2匹を見つけました。

(今は、黒っぽくなってきました。)

今朝には、5匹ぐらい泳いでいますが、また白っぽい固体もいます(孵化したばかりでしょうね)。

玄関内の水槽を片付け、スッキリさせようと思ったのですが、これでは無理です(嬉しい悲鳴)。

少なくとも、あと数日はこのままの状態を維持するしかないでしょう。

今冬、加温飼育していた烏城三色メダカを屋外へ移動させてからの出来事ですが、匹数の少ない品種なのでとても嬉しいんです。

この針子たちがそれなりに大きく(2㎝くらい)なって、屋外に引っ越しできるようになれば、あらためてこの水槽を撤去したいと考えています。

加温を止めてからかなり日数が経っていますが、現在は屋外の方が暖かい(暑い)くらいの毎日です。

最初に書いたのですが、屋外水槽をリセット時に卵を付けていた幹之メダカですが、今は新しい飼育水の中で元気に泳いでいます。

採卵したいメダカの品種だけは、増やしたいという思いが強いんです。

とくに、匹数の少ないメダカたちです。

頂いたもの(がんばさん)や自作した産卵床を増やしたいメダカの水槽に浮かべ、心待ちにしています。

昨日浮かべたんですが、期待感があってちょっと見てみました。

さすがに、卵は付いていませんでした(笑)。

先ほどあらためて、オロチメダカの水槽にも浮かべました。

これからこの産卵床に、卵を産んでいないかを見るのが楽しみです。

卵が付いていると、もちろんそれなりに手間がかかるのですが、それ以上に増えてくれることが嬉しいんです。

とても期待しています。

そうそうもう一品種、極龍メダカの水槽にも浮かべなくっちゃ。

採卵した場合の小さな容器もたくさんあるので、品種ごとに分けて孵化を待ちたいと思います。

まだ、1品種を1回採取しただけですが、期待は膨らんでいます。

———————————————————————————————-

追記です。

6月9日(火)に幹之メダカの産卵床を見てみると、少ないですが3個の卵が見つかりました。

以前の卵と一緒にして、孵化するのを心待ちにしています。